おしりにできるおでき原因と対策

おしりの深刻な悩み「おでき」

おしりにおできができていて悩まれている方は少なくないことでしょう。しかし、場所が場所なだけに、なかなか人に相談できず改善できずにいませんか?

現代は吹き出物ニキビなど、「おでき」で皮膚科を受診する人が増えてきており、受診した時には既に症状が悪化していて、治療に時間がかかるということが多いのです。

可能であればおしりにおできができないように予防し、もしできてしまった時には早めに受診し悪化しないように努めたいですね。

おしりにおできができる原因

おしりにおできができる主な原因は7つあります。1つずつ詳しくみていきましょう。

下着が原因によるお尻の蒸れ

おしりは下着に包まれており常に蒸れている状態です。

おしりは顔などに比べると皮脂腺の量は少な目ですが蒸れという状況下で、ニキビやおできといった肌トラブルを発生させやすいのです。

24時間常に摩擦・圧迫されている

おしりは、下着や衣類で24時間摩擦を受けています。更に座ったりすることによる圧迫もあります。

これらのダメージを常に受けているおしりは肌トラブルを起こしやすい状態です。

下着や衣類による締め付け

下着や衣類でお尻周辺を締め付けていませんか?スタイルを気にするばかり締め付けの強いものを身に付けていると、血流が悪くなり老廃物が停滞しやすく、おできやニキビができやすくなる原因になります。

シャンプー等の洗い残し

入浴時、シャンプーやトリートメント・ボディソープなど、きちんと洗い流したつもりでいてもおしりに残っていることがあります。

これらの中には、アクネ菌が好む成分も含まれていることもあり、ニキビやおできの原因になりかねません。

骨盤が歪んで血行が悪くなる

骨盤が歪む血行やリンパの流れが悪くなると言われています。

血流やリンパの流れが悪くなると、老廃物は蓄積され、おしりにおできができやすくなってしまいます。

生理前後のホルモンバランスの乱れ

女性は生理前や生理中にニキビなど肌トラブルが起こりやすいと感じたことはないでしょうか。

これは、おしりについても同じです。生理前や生理中は、おしりにもおできができやすくなります。

おしりのおでき解消法

おしりのおできは様々な原因によって、できやすい環境下にあるのですね。しかし原因がわかったので、対策もしやすくなります。

下着は天然素材のものを

デザインも大切かもしれませんが、おしりのおできのことを考えると、通気性の良い肌に優しい天然素材のものを選ぶことをお勧めします。

体型は変化するものなので、下着や衣類のサイズが合っているか定期的に確認することも大切です。締め付けが強いものは身に付けないようにし、血流の妨げにならないようにしましょう。

消毒シートを携帯して外でも清潔を心がける

トイレの便座には細菌が多く付着しています。消毒シートなどを携帯し、便座を拭いてから使うようにすると安心です。

また、おしりに汗をかいたままの状態でいることもよくないので、ウェットティシュなどを携帯しトイレの時におしりを拭くこともいいですね。

お風呂で使うタオル綿素材を


風呂で体を洗うタオルですが、ナイロン製のものを使う方もいるかと思いますが、お肌のことを考えると、綿素材のタオルを使い優しく丁寧に洗うようにしましょう。

これらの他にも、ホルモンバランスを整えるために、ストレスの軽減規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事などを心掛けることも大切です。また、「保湿」も大切です。お尻ケア用のものを使うと、おできの予防効果や改善効果が期待できます。もし、おしりのおできがなかなか治らない・悪化してしまったという場合は早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ