お尻にニキビ跡はどうすればいい?

お尻のニキビに悩まされる人は多いですが、ニキビが悪化してしまうと残念な事に治ってからもニキビ跡を気にすることになります。

お尻にニキビができない状態にすることはもちろんですが、ニキビができてしまってからの対処法も重要です。ニキビ跡になってしまえば、ニキビができている期間よりもキレイになるまでに長い時間がかかります。

お尻のニキビをニキビ跡にしないために

お尻のニキビ跡も顔のニキビ跡と同様、色素沈着のようなニキビ跡やクレーターになる事もあります。色素沈着はキレイな肌の色に戻すのには長期間かかる場合がありますし、クレーターになってしまえば元に戻すためにはクリニックでの治療が必要になる事もあるでしょう。

ニキビ跡にしないためには、ニキビのでき始めに悪化させないようにケアするのが大切です。肌への刺激はニキビを悪化させる原因になりますが、お尻の場合には下着や衣服の摩擦だけでなく、椅子からの圧迫もあり、なかなか難しいものです。

悪化したうえに潰れてしまう危険性もありニキビ跡になりやすいのです。下着を天然素材のものに変えたり、衣服も圧迫感のない柔らかいものにしておくこと、デスクワークの多い人の場合にはクッションなどの柔らかいものを敷くことをオススメします。

また、ムレてしまうと細菌が繁殖しやすい状態になります。お尻は汗をかいてムレやすい部分ですから、ムレを感じたらできるだけ早い段階で優しく丁寧に洗う事や保湿を心がけることも必要です。しかし、洗いすぎや擦りすぎはニキビの悪化と新たなニキビができる原因になりますので気を付けましょう。摩擦と乾燥とムレを防ぐことで、新たなニキビができにくくなる事とニキビを早い段階で治すことが可能です。

お尻のニキビ跡を改善するには

お尻は意外にケアを怠りやすい場所でもあります。自分からは見えない部分ですから気にしていなかった人もいらっしゃるかもしれません。顔と同じようにスキンケアすることでお尻のニキビの改善になりますし、ニキビ跡も改善する可能性もあります。

顔用の保湿剤でも保湿はできますが、お尻の皮膚は顔よりも厚くできていますので、効果を得にくいこともあるでしょう。ボティ―専用のものを使うことで、嫌なべたつきなども感じず効果も得られるでしょう。ニキビ跡全般に言えることは、肌の潤いを保ちターンオーバーを促すことが大切ということです。新陳代謝が良くなり新しい肌の再生がされ、古い角質が自然に剥がれ落ちていくことで、ニキビ跡は徐々に目立たなくなるでしょう。

悪化してしまったニキビは病院へ

多くの事に気を付けていてもお尻のニキビが悪化し始めてしまったら、医師の診断を受け薬で治してしまうのも良いでしょう。恥ずかしいからと我慢して悪化したまま放置し潰れてしまえば、ニキビ跡になる可能性は高くなります。悪化してしまったニキビは素早く治し、今後ニキビに悩まされないようにしっかりとケアすることが大切です。既にできてしまったニキビ跡も正しいケアを行えば改善するでしょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.