お尻のかさぶたお手入れ法

お尻は肌トラブルだらけです

お尻は下着に覆われ、座ると体重がかかり肌にとって環境が良いとは言えません。むしろ肌にとっての環境は悪いのです。摩擦や蒸れ、加圧など、お尻は24時間ダメージを受け続けています。

結果、肌トラブルも多くなりがちです。

お尻にかさぶたができるのは?

お尻に湿疹などができると、大抵は痒くなりませんか?中には痒みのない湿疹もあるかもしれませんが、その多くは痒みをもつものです。

痒いと人間は本能的に掻いてしまいます。ある医者に聞いた話ですが、人間は痒みが最も辛く痛みの方が耐えられるもの、だから痒いと痛みに変えようと掻いてしまうとのことでした。

例えば、昼間は掻くのはよくないからと我慢するかもしれませんが、寝ている時など無意識に掻いてしまい、朝起きたら下着に血がついていたなどという経験はないでしょうか。

掻き毟ると血が出ます。結果、かさぶたとなります。お尻のかさぶたはこうしてできるのですね。

お尻にかさぶたができたらどうしたらいいの?

お尻のかさぶたはどうしたら良いのでしょう?

まず痒くても掻かないことが良いのでしょうが、それは難しいので痒みを抑える薬を使うといいですね。その時、痒みの原因を知ってそれに合う薬を使ってください。

合わない薬を使うと湿疹は悪化し痒みがひどくなることもあります。市販薬を使う時は慎重になってください。やはり痒みが伴う湿疹がある場合は、掻き毟りひどくなる前に受診すると良いですね。お尻にかさぶたができると、下着で擦れたり、座った時などに、かさぶたが取れてしまうことも考えられます。

他の場所のように治るまで触らないでいることがお尻は困難です。お尻にかさぶたができると、それを繰り返す可能性が高いので、気を付けてください。

お尻にかさぶたは作らないようにすることが大切です。湿疹は早めに治しましょう。お尻にかさぶたができてしまうような痒みを伴う湿疹ができる場合は、自分の症状に合う薬で、きちんと治療をしましょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ