お尻のニキビ原因と対策

お尻にもニキビはできるの!?

ニキビというと顔や背中にできるイメージがありますよね。しかし、意外にもお尻はニキビができやすい環境なのです。

ニキビは、体のどこにできても嫌なものですが、お尻にできると座ったときなどに痛みがあったり、特に辛いものだと思います。

では、何故お尻にはニキビができやすいのでしょうか。原因を知って対策をしていきましょう。

お尻にニキビができる原因

ニキビができる原因は皮脂が過剰に分泌することにより、毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖するという流れです。

お尻は座ったりすることにより圧力がかかりお肌は角質化してしまいます。角質が厚くなるのと同時に、毛穴は塞がれニキビの原因菌「アクネ菌」の温床になってしまうことが多いのです。

お尻は、皮脂分泌が多く、角質も厚いのでニキビができる条件が揃っているというわけですね。お尻にニキビができやすい原因をもう少し詳しく挙げていきます。

蒸れや血行不良

お尻は下着や衣類により常に摩擦されています。これらの摩擦によりお肌はダメージを受け続けているうえに、下着などによりお肌は蒸れて不衛生になってしまいます。

また下着による締め付けや圧迫により、血行不良になるなどのダメージを受けています。

シャンプーやリンスの洗い残し

お尻は目に付かない部分なだけにボディソープや髪をすすいでいる時に流れたシャンプーやリンスが付着したままということもあります。

これらが汚れとして毛穴につまることも考えられますので、注意が必要です。

ストレスが原因でターンオーバーが乱れる

お尻は、摩擦や圧迫・蒸れ・ボディソープ等のすすぎ残しなど、様々なストレスを受けています。このストレスが原因で、お肌のターンオーバーは乱れたり、遅れたり新陳代謝が低下したりします。

ターンオーバーの乱れや遅れ、新陳代謝の低下により、お尻の角質は分厚くなり、シミや黒ずみ、またニキビの原因へとなるのです。

お尻ニキビの対策

まずは清潔を保つように心掛けましょう。日中、外出先で下着を交換するのは難しいと思いますので、トイレの時にウェットティッシュなどを使ってお尻を拭くだけでも、何もやらないよりは対策になります。

また下着は綿100%など、天然素材のお肌に優しい素材を選びましょう。下着のサイズも、自分に合うものをつけるようにしてください。体型は変化するものです。意外と、気付かないまま合わないサイズのものをつけている方が多いようですので、注意が必要です。

デスクワークの方など座る時間が長い場合、>椅子にクッションなどを敷くことでお尻への圧迫が少し軽減されます。同様に、自転車もクッション性の高いサドルのものを選ぶのもいいですね。

最後に、お尻も「保湿」が大切です。お尻ケア用のものもありますので、それらを使ってみるのもいいかもしれません。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.