たこの吸出しって粉瘤に効果あり?

たこの吸出しは膿んでいる患部に塗ることで肌に穴をあけ、膿みを出しやすくしますが、粉瘤にも同じような作用で使用可能という噂があります。粉瘤は皮膚にできる腫れ物でアテロームとも言われます。

たこの吸出しの作用

たこの吸出しは皮膚のできものに使う市販の薬で長い歴史のある物です。化膿して腫れてしまったニキビや吹き出物を切ることなく排出し治す為の商品で、皮膚を溶かす作用があるため、幹部以外の皮膚にはつかないようにする必要があります。

硫酸銅による腐食とサルチル酸が角質を軟化することで皮膚に穴をあける作用を持ちます。薬の作用で皮膚に穴を開け膿をだすのです。

たこの吸出しは粉瘤を治すことができる?

たこの吸出しを粉瘤に使用することで症状は緩和される可能性がありますが、毛穴の中に「袋」が残っていることで繰り返す可能性があるため、根本的な治療にはならない事が考えられます。

皮膚科での粉瘤の治療は、手術で取り去ることで治すことがありますが、その前にも溜まっている膿みを出す作業を行いますから、大きく腫れてしまった粉瘤を一時的にでも落ち着かせることを選択するのであれば、役に立つかも知れません。膿み始めると痛みを伴うこともあり、緩和させるために使用することも可能ではあるでしょう。

しかし、皮膚に穴をあけるのですから、皮膚へのダメージは大きくなることも考えられ、痕が残る可能性もあるため注意が必要です。粉瘤にたこの吸出しを使用して結果的にキレイに治る人もいれば、柔らかくなった肌を膿みが突き破って出てくる場合もあり、大きな傷口が残る可能性もあるのです。さらに、大きな傷は細菌が入ることで悪化し、結果的に病院での治療が必要な場合もあるでしょう。

粉瘤の手術とは

粉瘤は毛穴の中に皮脂や赤がつまる物ですが、放置すると炎症を起こし膿み始め、大きく腫れることがあります。毛穴のあるところであれば身体のどこにでもできる可能性はありますが、場合によっては腫れがひどくなり手術しなければならない事があります。

排出されるべき老廃物が皮膚の内部にできた袋に溜まるため、その袋を取り除かなければ完治しない事が考えられ、手術ではその袋ごと排除することを行います。粉瘤の大きさによっては、処置室で行われることがありますか、簡単な手術のため日帰りで行われることが多いです。

比較的簡単に行われる粉瘤の治療は、たこの吸出しで後々痕が残る事を考えればまず皮膚科を受診するのがオススメでしょう。早い段階で治療を行えば、皮膚にダメージを与えるほど大きくなることはないでしょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ