たこの吸出し使用法と、その効果について

たこの吸出しとは

【たこの吸出し】という名前を聞いたことがありますか?

これは昔から使われている市販の塗り薬の名前で、「はれものを切らずに治す」という目的で誕生しました。師範の塗り薬にはほかにも【クレアラシル】【オロナイン】などもありますが、はれものの塗り薬といえば【たこの吸出し】が最も利用者が多いです。

「たこの吸出し」は成分中に含まれている硫酸銅の腐蝕作用とサリチル酸の角質軟化作用によって、吹き出物の口を開き、中の膿を外に出して患部を治してくれます。

「たこの吸出し」という名前だけを見るとユニークに思えるのですが、化膿した吹き出物などの膿をタコが吸い取ってくれるように患部から汁を出して治すというものなのです。

吹き出物は、つい気になって手でつぶして、中に溜まっている膿を出した経験はないでしょうか。道具を使わずに素手で吹き出物をつぶすという行為は、傷が残ってしまったりバイ菌が入って悪化するリスクがあるので勧めできません。

その点、この「たこの吸出し」は、つぶしたり、切開したりという行為はではなく、塗り薬で自然に膿を排出してくれるので、お肌に負担が少ない治療薬と言えます。

たこの吸出し・使用法

たこの吸出しはほとんどのドラッグストアに売られており、価格も1000円ほどなので、簡単に手に入れることができます。ただし市販だと正しい薬の使い方を教えてくれる人がいないので、間違えた使い方をしている人が意外と多いです。

それはたこの吸出しの使い方にも言えることで、ただ患部に「塗る」だけではないので用法・容量を知って正しく使いましょう。

  1. まず患部を清潔にします。
  2. たこの吸出しに添付されているヘラを使い、ガーゼやリント布に「たこの吸出し」適量を広げずに塗ります。(軟膏がかたいときは温めて柔らかくして使用してください。)
  3. 「2」を患部の中心につけて、その上に油紙等をのせて、ずれないように絆創膏や包帯などで留めて固定します。
  4. 膿が出始めましたら、排膿の量により、多い場合は回数を多めに貼り替えてください。膿が全て出来るまで繰り返し続けて、完全に出切りましたら、傷口を清潔にしましょう。

以上がたこの吸出しの正しい使い方になります。膿の量により何回か繰り返し貼り替える必要があるのは手間かもしれませんが、膿を自然に排出させてくれるのですから、大変な作業ではないかと考えます。

ただし1点注意が必要なことがあります。それは多用は禁物ということです。

吹き出物が小さくなったり、膿が吹き出物の中から出たら使用をやめましょう。多用することで、湿疹やただれの原因になります。

たこの吸出しは皮を溶かして膿を出す塗り薬なので、皮が薄い部分に使用するときは様子を見ながら行い、湿疹やただれができたら控えましょう。つまり効果が高い反面、リスクもあるということを十分理解しておいてください。

たこの吸出しの効果

たこの吸出しの効能・効果は、化膿性皮膚疾患・ちょう等のはれものの吸出しなどです。ニキビに効果があるとは書かれていませんが、炎症を起こしているニキビはいわゆる「可能性皮膚疾患」にあたるので、効果に期待できます。

実際にたこの吸出しを使われた経験のある方には、ニキビに塗って寝ると翌朝には膿がたくさん出て、治ったという体験談が多くあります。反面、もとのニキビよりひどい状態になってしまったという残念な体験談もないことはありません。

どのような薬も「合うもの」と「合わないもの」があります。病院で処方される薬でも合わないで悪化するものもあるのですから、市販薬では特に自分に合うかどうかの見極めが大切になります。しかし、それだけのリスクがあるということは、自分の肌に合えば、その効果は高いことがわかります。

お尻の吹き出物にも効果がある口コミも多いので、用法・容量を守って、肌の様子を見ながら使用すると良いでしょう。

また、たこの吸出しはお尻ニキビの治療だけに特化した塗り薬ではないので、お尻専用のケアアイテムに比べると効果が期待できなかったり、治療までに時間がかかってしまいます。ですので、すぐにでもお尻にできたニキビや吹き出物を治したいと思っているのであれば、お尻専用のケアアイテム「ピーチローズ」を使って治療しましょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ