どうすれば安全?膿を出す方法

ニキビが悪化することで膿んでしまうことがあります。この膿みを出す方法、間違えると大変な事になる可能性があります。膿を出す事はできないことはないですが、かなりのリスクを負うことになるでしょう。

膿を出す方法をあやまると…

膿みは出すことはできても、その方法を間違えると跡として残ることが多くあります。特に悪化して化膿している状態のニキビはとてもデリケートで、刺激を与えることは危険です。

ニキビ跡は黒ずみや赤くなるだけでなく、肌へが凹みクレーター状になる事があり、こうなると完璧なもとの肌に治すのは難しくなってしまいます。

膿を出す方法は完璧に行うのが難しい

膿みを出す時に気を付けなければならないのは、肌に膿みを残さない事です。肌に残ることでさらに膿みが溜まることになり、炎症を起こすことも考えられます。長引くだけでなく、皮膚にできた傷に細菌が入り込み悪化する可能性もあり、肌へのダメージはかなり高くなるでしょう。

また、患部の周りを圧迫して膿を出しますが、どれくらいの強さで押したら良いかを判断するのはなかなか難しいものです。加減が解らず力任せに押すことで肌に悪影響を及ぼすでしょう。

専門家ではない人が外側から見ても、膿みがどれほど肌の奥にあるのかはわかりません。強く押しすぎることで、肌へのダメージは深刻なものになる事もあるでしょう。跡を残す心配を極力減らすには、医師の処置によって膿みをすべて出してもらうことが一番の方法です。

それでも自分で膿を出す時の注意点

膿みを出す方法を自分でするのであれば、必ずしっかりと殺菌することはもちろん、指を使うのではなく使いやすいコメドプッシャーのような専門器具を使うと必要のない力を加えることが少ないでしょう。使用する器具は必ず消毒するようにしましょう。

膿みを出す前に上面にハリなどを使い穴をあけることで圧力がかかればすぐに膿みが出やすくなります。肌には傷がついた状態であるため、終わった後は必ず消毒しなければなりません。また、肌が汚れている状態の時はさけ、洗浄した後に行いましょう。

膿を出さずに済むケアを

膿みを出す方法を正しく行っても、跡が残るリスクは必ずあります。膿を出さずに済むようにするには、ニキビのでき始めにしっかりと正しいスキンケアをすることと生活習慣を整えることです。正しい洗浄と保湿を心がけ規則正しい生活を行えば、ニキビの悪化は防げることが多いということを忘れないようにしましょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ