にがねって?吹き出物の1つ?治し方はあるの?

にがねとは?

にがねとは方言で、腫れもの・お尻にできる吹き出物のことを意味します。お尻にできる吹き出物なので、個人差はあるものの、できると痛みがありひどいと座るのも痛くて辛くなり、切開して中のものを出す処置をすることもあります。

にがねとは、お尻にできる吹き出物のことなので、できる原因や治し方は吹き出物と同様に行えば良いでしょう。

にがねができる原因

にがねとは方言でお尻にできる吹き出物のことを意味します。ですから、にがねができる原因は、一般的に言われている吹き出物と同じと思っていただいて良いでしょう。

摩擦・刺激

お尻は常に下着による摩擦・刺激を受けています。

お尻は入浴時以外ほぼ24時間下着によるダメージを受けていることになります。このダメージが、にがねの原因になります。

圧力

お尻は座ることにより圧力が加わります。椅子に座る、自転車に乗る、寝ている時も仰向けの状態ですと圧力がかかります。

これらもお尻にとってダメージとなり、にがねのできる原因になります。

下着によって蒸れる

お尻は下着をつけていることで蒸れやすい環境にあります。汗をかいてもそのままでいることが多いですし、お尻は下着に包まれているから汚れないのではなく、反対に蒸れや汗などで清潔な状態が保てていません。これらが、にがねの原因になります。

にがねの対策・治療

にがねはお尻にできる吹き出物のことを方言での言い方です。ですから、対策・治療法も吹き出物と同じと考えて良いでしょう。

摩擦・刺激の減少

にがねができる原因に下着などによる刺激・摩擦があります。それを少しでも軽減させることが、お尻へのダメージを減らせます。

少し思い切った方法になりますが、就寝時には下着をつけないという方法があります。これは、実際に行っている方もいるようですが、お尻にとってこういう必要なのかもしれません。

圧力の減少

にがねの原因に圧力によるダメージが考えられます。

対策としましてデスクワークで座る時間が長い場合、クッション性の高い椅子を使う、もしくは椅子にクッションを敷くなどしてお尻にかかる圧力を減らしてあげましょう。

また自転車のサドルの高さが合わない場合も圧力が大きくかかってしまうので、気を付けてください。自分に合う高さにし、可能であれば自転車のサドルもクッション性の高いものがにがねの予防対策になります。

清潔を保つ

お尻は、顔などのように汚れをすぐに洗ったり汗を拭いたりできません。また下着でお尻は蒸れています。

対策としまして、下着は綿などお肌に優しい天然の素材で通気性の良いものを選び、ウェットティッシュなどを携帯し、トイレの時に拭くなどするといいでしょう。

また、シャンプーなどが髪から流れてお尻に付着したままということもあります。再度確認し、きちんと洗い、きちんとすすぐようにしましょう。

また、にがねがなかなか治らない場合や、悪化する場合などは皮膚科に行くことわお勧めします。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ