ソラレンと紫外線・ソラレンを多く含む食べ物

ソラレンと紫外線

ソラレンを多く含むものを食べてから、太陽の光を浴びると紫外線に反応し肌を黒くする役割があると言われています。

ソラレンを多く含む食べ物を摂取してから、2時間くらいでその作用がピークを迎えます。食べて2時間でピークを迎えますが、その数時間後にはこのような作用はみられなくなります。

しかし、パックなどで肌の上に直接乗せたりした場合は、数日間皮膚の上にソラレンが付着している状態になるので注意が必要です。

ソラレンを多く含む食べ物

ソラレンを多く含む食べ物は、レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類や、キウイ・イチジク・キュウリ・セロリ・みつば・人参などです。

果物はビタミンCが豊富に含まれているので、お肌に良さそうですし、昨今のグリーンスムージーブームなどで、果物類を朝食に摂るという方も多いかもしれません。確かに、ビタミンCの摂取は大切ですが、多く摂り過ぎたり朝摂ることによってシミを招くことになりかねないということです。

これらのものは、夜摂ると紫外線の心配はなくなりますし、栄養も摂れていいですね。

紫外線の対策法

柑橘類やビタミンCをたっぷり摂りたいけれど、ソラレンと紫外線の関係を知ると怖くて食べられないという方へ、対策法を紹介します。

紫外線を浴びても大丈夫な野菜があります。それは、人参・カボチャ・ほうれん草・小松菜などはβカロテンが豊富ですし、ブロッコリー・芽キャベツ・カリフラワー・パセリなどは、ビタミンCは豊富ですが肌への負担にはならないので、安心して摂取してください。またアーモンドやゴマ・いわしや、ししゃもなどはビタミンEを豊富に含んでいるので、積極的に摂取するといいですね。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ