ヒップを小さくする方法!知っておいて損はありません。

ヒップを小さくするためにエクササイズをしているひとはいらっしゃいますか?お尻を小さくする方法は引き締めるの事が一番ですから、エクササイズをすることはとても大切ですが、それ以前にヒップを大きくしてしまう、または大きく見せてしまうことになりえる習慣を日々おこなってしまっている可能性もあるのをご存知でしょうか?

小さくするためにはまず生活習慣から直す必要があるかも知れません。その上でエクササイズをすることで、小さく形の良いヒップを手に入れることができるでしょう。

ヒップを小さくする方法…まずは姿勢から

毎日の生活の中でヒップを小さくする方法があります。ヒップが大きくなる姿勢を日々とっている人は正しい姿勢を取る習慣を付ける事で効果が期待できます。

座る姿勢を直す

座っている時の自分の姿勢を思い出し、もしも背中を丸めた猫背の姿勢を自然と取っているのであれば直すべきです。猫背はヒップの位置を下へ下へと下げることになり、下へとたるんだヒップは上下に長く見えることになりますし、わき腹や腰に脂肪がつきやすくなります。

また、足を組むことで骨盤の歪みが起こります。大抵の人は足の組む方向が決まっているため片方だけに負担がかかることもあり、脂肪のつき方も偏る可能性があるでしょう。さらにヒップの筋肉も太ももの筋肉も使わずにいるため、ヒップの形は丸みを失い大きく広がって見えることになります。

歩き方が悪いとヒップが大きくなる

お尻には大きな筋肉があります。また、骨盤という大きな骨もあります。歩き方によっては外側に肉がつきヒップが大きくなる事もあるでしょう。

内またで歩いたり、姿勢の悪いままの歩行などの影響で太ももの筋肉の付き方がねじれ、外側に広がりやすくなります。また骨盤の開きはそれだけでヒップが大きくなる原因になります。歩く時には誰もが筋肉を使っていますから、歩き方を正しくすることで正しい筋肉を使い鍛えることができます。

日頃から姿勢に気を付ける事が大切

歩くことや座ることは毎日誰もがすることですから、これを正しい姿勢で行うことで骨盤も開きにくく、筋肉も正しく適度につくためヒップが小さくなる事が期待できます。

猫背を直し、内股にせず歩幅を大きく歩きましょう。股関節から下全てが脚ですから、膝から下だけを使うことなく股関節から歩く習慣を付けましょう。そのためには、靴選びも慎重にする必要があります。脚が痛い靴を履いての歩行は身体の不調を招きますし、上手に筋肉を使うことができません。

また、座る時の姿勢は骨盤を立て、足を閉じて組むことのないように気を付けましょう。最初は難しいかもしれませんが、気づいた時に治すとりうことを繰り返すことで正しい姿勢が身に付くでしょう。ヒップは身体の後ろ側にありますから筋肉も後ろ側を使わなければ理想の小尻にはなれないでしょう。普段の生活は、身体の後ろ側の筋肉は使わなことが多いため、使うことを意識する事も大切です。

ヒップを小さくする方法は運動も取り入れる

正しい姿勢で生活することと、できる限りで運動を取り入れることがヒップを小さくする方法でしょう。ヒップのお肉が左右上下に広がらないようにしっかりと筋肉を付ける事は、日々のたるませない努力の上に成り立っているともいえるでしょう。

運動を取り入れるのであれば、ヒップの一箇所だけでなく、いろいろな角度から筋肉を鍛えることや、太ももの裏側、腰周辺の筋肉も視野に入れておくことで効果がアップします。また、インナーマッスルを鍛えることで骨盤の開きや歪みが起こりにくくなると言われていますので、取り入れると良いでしょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.