マラセチア毛包炎・症状と治し方

マラセチア毛包炎とは

マラセチア毛包炎という名前を聞いたことがあるでしょうか。

春先から夏にかけて紫外線による肌トラブルが多い季節ですが、この時期は「マラセチア毛包炎」にも気をつけなければならない季節です。

マラセチア毛包炎とは、マラセチアというカビが増殖して肌に炎症を起こしたものを言います。

マラセチア毛包炎の症状

マラセチア毛包炎は、見た目はニキビのような赤い吹き出物や膿疱ができます。ニキビに似ているので、マラセチア毛包炎とは知らずにニキビと勘違いをして市販薬などで治療をする方もいるかもしれません。

しかし、ニキビはアクネ菌に対し、マラセチア毛包炎は真菌なので、ニキビ薬を使用してもマラセチア毛包炎には効果がありません。間違えた対処法をすることで症状が悪化することもあるので、注意が必要です。

吹き出物ができた場合、それが「なにか」を見極めることが大切になります。

マラセチア毛包炎ができる原因

マラセチアというカビは、普段から皮膚に存在している常在菌です。しかし、これが増殖することにより肌トラブルを起こしてしまうのです。

マラセチアは、汗に含まれる皮脂をエサにしています。夏場など汗を大量にかくとマラセチアにとってはエサが増えるので、増殖できる環境下になるというわけです。

マラセチア毛包炎の対策

暑い時に汗をかくのは大切なことです。マラセチア毛包炎にならないために、汗をかかないようにするということは間違えた対策です。

汗をかくことはとても大切なことですが、その後のケアがマラセチア毛包炎にならないために大切になります。

汗に含まれている皮脂をエサに毛包で増殖して炎症を起こしたものが「マラセチア毛包炎」ですから、対策としましては汗をかいたら拭き取ることや洗い流すことが正しい対策といえます。

しかし睡眠中など、気付かないうちに汗をかいていますし、外出先など汗をかいて顔や腕など拭き取ることはできますが、お尻などは拭き取ることも難しいですね。そのような場合は、家に帰ったらなるべく早めにシャワーを浴びるなどをして、お肌を清潔に保つことを心掛けましょう。

理想は、汗をかいたらすぐにケアすることですが、無理な場合も多いと思いますので、そのような時は帰宅後すぐにケアをするだけでも、マラセチア毛包炎になるリスクは減るものと考えます。

マラセチア毛包炎の治療法

吹き出物ができて、それがニキビなのかマラセチア毛包炎なのか、または他の湿疹なのか自分で判断するのが難しい場合は皮膚科を受診することをお勧めします。

マラセチア毛包炎と診断されると、一般的に抗真菌剤の外用薬での治療になります。外用薬で症状が改善されない場合は内服薬での治療も行います。

マラセチア毛包炎という聞きなれないもので心配もあるかと思いますが、手術をしないと治らないというものではなく、外用薬や内服薬で治せるものなので、深刻にならずに治療をしてください。まずは、マラセチア毛包炎にならないように、特に春から夏場にかけては気を付けましょう。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ