幼児のお尻にできる湿疹とは?

大人と子供の湿疹は違う?

幼児のお尻に湿疹ができると、とても心配になることでしょう。湿疹の種類と、どのようなケアをすると良いのかがわかると、少し安心できると思いますし、楽にさせてあげることができますね。

お尻に湿疹は幼児だけでなく大人もできると思います。大人と子供、湿疹に違いはあるのでしょうか?基本的に湿疹は同じと考えて問題ありません。

幼児のお尻にできる湿疹の種類

幼児も大人も共通して言える、お尻にできる湿疹は「汗疹」「かぶれ」「アトピー性皮膚炎などアレルギー性のもの」「じんましん」などです。

ここでいう、じんましんは、食べ物などではなくお風呂など皮膚温の大きな変化時に起こるものを指します。これは、温熱の刺激に反応して起こるものなので、あまり心配はいりません。食べ物などの場合は、アレルギーがあるかもしれないので受診をお勧めします。

また、汗疹・かぶれは自宅でのケアで改善されると思います。対策を紹介します。

汗疹・かぶれ対策

お尻は、汗疹やかぶれが起こりやすいものです。それは、下着などによるダメージを常に受けていることと、蒸れやすいなど衛生面での問題です。

対策としましては常に清潔にすることです。可能であれば、汗をかいたらシャワーで流したり、下着を交換するのもいいですね。

これだけでも、汗疹・かぶれが減ると考えられます。

アレルギー性の湿疹

アトピー性の湿疹の場合も、基本的なケアは「清潔を保つ」ことです。これだけでも、改善される場合もありますし、症状によっては治らない・改善されないこともあります。

アレルギーが疑われる湿疹が現れた場合は、皮膚科や小児科を受診されることをお勧めします。炎症を抑える軟膏や抗アレルギー薬などでの治療をすることが多いですし、湿疹による痒みなども早い段階で軽くしてあげられる効果が期待できます。

また、温熱の刺激による、じんましんは、治療の必要はないと言われていますが、心配な場合は受診されるといいですね。

いずれも、「清潔」にすることは大切です。その上で、改善されない、悪化するという場合は皮膚科や小児科を受診してください。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.