皮膚炎がおしりにできたときはどうしたらいい?

皮膚炎はおしりにもできる

皮膚炎とは、様々な湿疹吹き出物など、皮膚が炎症を起こしている状態の総称をいいます。ですから「皮膚炎」という疾患ではありません。「ニキビ」「汗疹」「かぶれ」これら全て「皮膚炎」というわけですね。

おしりって自分でも普段あまり見えないので気にしていない方も多いかもしれませんが、皮膚炎はおしりでも起こります。座った時など、痛みを伴う吹き出物などできたことありませんか?それは、「皮膚炎がおしりで起こっている」状態です。

どのような対応をしたらいいのでしょうか。

皮膚炎がおしりに出来たときの対応策

皮膚炎は、顔や背中だけではありません。おしりなど全身に起こりえます。

では、どうしたらいいのでしょう?全ての皮膚炎に共通していえる対応策を紹介します。

お尻を清潔を保つ

お尻はなにかと不衛生になりやすい環境です。入浴時はしっかり洗って、しっかりすすぐようにしてください。気付かずに、石鹸などが皮膚に付着したままになっていることがあります。再度確認し、きちんとすすぐようにしましょう。

また、洗い過ぎは肌のバリア機能が弱くなってしまうので、洗い過ぎず適度に洗い清潔を保ちつつ、肌のバリア機能も保つようにしてください。

お尻に刺激の少ない天然素材の下着

おしりは下着に24時間覆われています。通気性の良い肌に優しい天然素材のものをつけましょう。摩擦や刺激など下着によるダメージを受けやすいので、おしりに優しいものをつけてください。

規則正しい生活を

肌のターンオーバーが乱れると肌トラブルが起こりやすくなるので、規則正しい生活・バランスの良い食事を心掛けてください。またストレスもよくないので、ストレス発散も心掛けてください。

このように、皮膚炎には共通して行える対策があります。しかし、症状が重い時や治りが悪い時、繰り返す時などは皮膚科を受診することをお勧めします。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.

このページの先頭へ