臀部痒みは何故起こるの?

臀部痒みの種類

臀部(でんぶ)とはお尻のことです。臀部は蒸れやすく、摩擦や圧迫で刺激を受けやすい場所でもあるので痒くなりやすいです。

そんな臀部痒みの種類には、アトピー性皮膚炎・じんましん・白癬症・かぶれなどが挙げられます。それぞれ原因が異なりますので、治療法も異なってきます。

臀部痒みの原因と治療法

臀部痒みの種類で挙げたもので、例えばアトピー性皮膚炎はアレルギー性の湿疹なので、症状によっては医師の指導による治療が必要になります。良くなったり悪くなったりを繰り返すので、正しい処置をしないと治りにくい病気です。アトピー性皮膚炎はステロイド外用薬を使って治療するのが一般的ですが、最近ではステロイド以外の外用薬を使った治療も増えてきました。

じんましんも、アレルギー反応によって痒みが発生する病気です。抗アレルギー薬を服用する場合などもありますので、じんましんかと思ったら皮膚科を受診されると良いでしょう。また治療の必要がないじんましんもありますので、どちらにせよ一度、皮膚科を受診し判断をしてもらうことが大切です。

このように臀部の痒みは症状が似ていても対処法が違ってきますので、原因がわからず自分ひとりで対処してもすぐに治るとは言い切れません。そこで臀部が痒くなった原因がはっきりとわからないときは皮膚科に行って診断してもらうのが痒みを治す一番の近道です。

臀部痒みの対策

臀部痒みは、アレルギー性のものや菌によるものなど様々です。薬で治療が必要なものの場合は受診する必要があります。

それ以外の例えば乾燥が原因で、痒みが発生する場合は「保湿」を心掛けるといいですし、全てに共通していることは「清潔を保つ」ことです。あまり洗い過ぎるのも肌のバリア機能が弱くなってしまうのでよくありませんが、不衛生にすることで菌は増殖するかもしれませんし、かぶれなども起こりえます。臀部が痒くなってから対策するのではなく、痒みが発生する前、そして病気を治療した後も毎日ケアするようにしましょう。薬用ピーチローズなら簡単にお尻の保湿を保つことができるので便利です。

下着は通気性の良い肌に優しい素材、且つ自分に合うサイズのものをつけ、締め付けなどによる血流の妨げになることも避けましょう。

痒みが強い場合、改善されない場合は、皮膚科などを受診することで、薬で治せるかもしれませんし、生活の中での改善点がわかるかもしれません。

お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキング

あなたの症状・状態にあったお尻のケア商品を探すのに役立ちます♪ 薬やクリームなどお尻の商品の総合実力ランキングページです。

お尻のケア商品ランキング
お尻のケア商品や薬・クリームの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 お尻悩み解決編 All Rights Reserved.